焚き火や屋外暖炉用の耐火シートの代わりにアルミ複合板を使ってみた!

前回の屋外暖炉の記事で書き忘れたアルミ複合板について、チョロっとだけ書きますw

※今回の使用目的では安全性は保証できませんので、個人の責任でお願いします。

今までは家で焚き火をする際には、耐火シートを使っていたのですが、汚れるし、見た目悪いし、代用品をずっと探していました。

先日、表面がアルミでできている複合板をネットで発見し、試しに使ってみました!

見た目は耐火シートに比べたら、大分好きです!色はウッドデッキに合わせてみました。

ホームズで3000円前後だったと思います。
結構薄いです。

サイズ感はこんな感じです↓↓

大きさは、我が家には丁度良い感じでした!

実際使ってみて、火の粉が落ちても問題無さそうでしたが、耐久性などは不明です。ホームズのお兄さんが言うには、雨ざらしでも問題無いそうです。

とりあえずダメになるまで使ってみたいと思います!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルミ複合板 (ブロンズ)【3×900×910mm】
価格:3350円(税込、送料別) (2021/1/4時点)


ちょっと小さいサイズ↓

屋外暖炉にオガ炭はアリなのか試してみた!

明けましておめでとうございます!今年も気ままに、ゆる〜くブログを更新していこうと思いますので、どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

今回は、屋外暖炉を使う際に、『薪の代わりにオガ炭を使うのはアリなのか?』試してみました。

なぜオガ炭かというと、日々のバーベキューでオガ炭を使っているのですが、炭だけの状態だと、ほぼ煙が出ないんですよね〜!

これって、近隣住宅に迷惑が掛からなくて良いのでは?気兼ねなく屋外暖炉を使えるのでは?と思いたった訳です。

我が家の周りは山に囲まれていて、お隣さんは1軒しかないのですが、それでもやはり煙は気になります。

それでは今回使用するオガ炭のメリットとデメリットを確認しておきましょう。(細かな部分は割愛させて頂きます)

まずはメリットですが、やはりなんと言ってもというか…今回の使い方では唯一のメリットになりますが、やはり煙の少なさでしょう。マングローブ炭と比べると、殆どと言っていい程煙が出ません!

そしてデメリットは下記の通りになります。

  • オガ炭は、薪やマングローブ炭などに比べて割高
  • 火を楽しめないので、そもそもの目的(火に癒やされる)が達成できない
  • 直火じゃないと全然暖まらない(暖まるには結構なオガ炭を使う)

とまぁ、デメリットの方が正直多いですねw じゃあオガ炭はナシか?と言うと、そうではありません。少し工夫をすれば『ある程度は楽しめる』ようにはなると思っています。

どういう事かと言いますと、基本はオガ炭を使用して暖を取り、火が見たい時には拾ってきた小枝で火を眺める。といった感じの良いとこ取りな使い方です。遊びに来ていた友人には、『自分で小枝を入れる感じが楽しい』と評判でしたw 小枝を少量入れるだけなら、薪ほど煙も気にならないですしね。

結果、拾ってきた小枝をちょこちょこ入れて火を楽しむだけでも、まぁまぁ楽しめた気がします!

小枝でも火は楽しめますよ!!でも暖を取る目的ならもっとオガ炭を入れないと暖かくないですよ〜w

そんなに毎週のように屋外暖炉を使う訳じゃないので、たま〜になら割高でもオガ炭はアリだな〜と、個人的には思っております。

逆に、家でやるならオガ炭+小枝の一択かな〜。ずっと薪でやると煙が気になっちゃって、正直あまり楽しめない気がします…

というか家でやるなよって話になってきますがwww

その点、オガ炭なら安心、安全で長時間楽しめますよ〜(笑)

という訳でまとめ。

家で屋外暖炉を使いたいが煙が気になるという方は、オガ炭+小枝がベスト!だと思います。もちろん、近隣に住宅が無いという方は薪がベストだと思います!

こんな感じで今回は終了になります!

最後に、実際に使ってる動画もアップしておきまーす!

最後までお付き合いありがとうございました〜(^^)/~~~