屋外暖炉にオガ炭はアリなのか試してみた!

明けましておめでとうございます!今年も気ままに、ゆる〜くブログを更新していこうと思いますので、どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

今回は、屋外暖炉を使う際に、『薪の代わりにオガ炭を使うのはアリなのか?』試してみました。

なぜオガ炭かというと、日々のバーベキューでオガ炭を使っているのですが、炭だけの状態だと、ほぼ煙が出ないんですよね〜!

これって、近隣住宅に迷惑が掛からなくて良いのでは?気兼ねなく屋外暖炉を使えるのでは?と思いたった訳です。

我が家の周りは山に囲まれていて、お隣さんは1軒しかないのですが、それでもやはり煙は気になります。

それでは今回使用するオガ炭のメリットとデメリットを確認しておきましょう。(細かな部分は割愛させて頂きます)

まずはメリットですが、やはりなんと言ってもというか…今回の使い方では唯一のメリットになりますが、やはり煙の少なさでしょう。マングローブ炭と比べると、殆どと言っていい程煙が出ません!

そしてデメリットは下記の通りになります。

  • オガ炭は、薪やマングローブ炭などに比べて割高
  • 火を楽しめないので、そもそもの目的(火に癒やされる)が達成できない
  • 直火じゃないと全然暖まらない(暖まるには結構なオガ炭を使う)

とまぁ、デメリットの方が正直多いですねw じゃあオガ炭はナシか?と言うと、そうではありません。少し工夫をすれば『ある程度は楽しめる』ようにはなると思っています。

どういう事かと言いますと、基本はオガ炭を使用して暖を取り、火が見たい時には拾ってきた小枝で火を眺める。といった感じの良いとこ取りな使い方です。遊びに来ていた友人には、『自分で小枝を入れる感じが楽しい』と評判でしたw 小枝を少量入れるだけなら、薪ほど煙も気にならないですしね。

結果、拾ってきた小枝をちょこちょこ入れて火を楽しむだけでも、まぁまぁ楽しめた気がします!

小枝でも火は楽しめますよ!!でも暖を取る目的ならもっとオガ炭を入れないと暖かくないですよ〜w

そんなに毎週のように屋外暖炉を使う訳じゃないので、たま〜になら割高でもオガ炭はアリだな〜と、個人的には思っております。

逆に、家でやるならオガ炭+小枝の一択かな〜。ずっと薪でやると煙が気になっちゃって、正直あまり楽しめない気がします…

というか家でやるなよって話になってきますがwww

その点、オガ炭なら安心、安全で長時間楽しめますよ〜(笑)

という訳でまとめ。

家で屋外暖炉を使いたいが煙が気になるという方は、オガ炭+小枝がベスト!だと思います。もちろん、近隣に住宅が無いという方は薪がベストだと思います!

こんな感じで今回は終了になります!

最後に、実際に使ってる動画もアップしておきまーす!

最後までお付き合いありがとうございました〜(^^)/~~~




消し壺を使うとにコスパの良いオガ炭。火起こし器を使えば火起こしも楽になる!

炭でBBQをするようになって、炭についても色々と調べてみました。

最初は安価なマングローブ炭を使っていたのですが、他の炭も試してみたくなり、オガ炭という炭を買ってみました。

オガ炭の特徴(マングローブ炭と比べ)として、下記の様な事があります。

①煙も匂いも少ない。

②火力が安定する。

③マングローブ炭に比べて火付きが悪い。

初めて使った時の感想は、

なかなか火が着かない!!

でも大丈夫。

最初こそ手こずりましたが、コツさえ掴めば徐々に慣れていきます。

※追記: 他の記事にあるWeberのチムニースターターを使うと驚くほど簡単に火起こしが出来ますよ!

そして、一度火が着いてしまえばこっちのもの。

メチャクチャ長持ちです。

焼いてる途中に炭を追加しなくて済むのはかなり助かります。

更に火力が安定しているので何より調理しやすい。

特に野菜がマングローブ炭に比べて焦げにくくなった気がします。

ただ、炭が長持ちするという事は、ちょっと何かを焼きたい時なんかは、一回で炭を使い切る事は出来ないので、消し壺が必要になってきます。

(後日、消し壺は中古で安くゲットしました。)

消し壺があると、炭の再利用が出来て経済的。しかも、再利用の炭は次の時の着火炭になるので、火起こしも楽チンです!

我が家のオガ炭ちゃん、再利用ばっかりで中々減らない(笑) これは嬉しい誤算でした。

そのうち備長炭とかにも手出しちゃうのかな〜(笑)

Weber ウェーバーの炭も気になるな〜(笑)