Campingmoon 焚火台 Lサイズ (MT-045)のレビューをしてみた。

最近、ふと夜中に放送していた“ひとりキャンプで食って寝る”を観てから、燻製キャンプに興味を持ち始めてしまいたした。ここに足を踏み入れてしまったら、欲しい物欲が抑えきれず、我が家の財政が厳しくなるのではないかと心配しています…(笑)

なので、ガチのキャンプ用品ではなく、家でも楽しめそうな焚火台から手を出す事にしました。

焚火台について色々と調べた結果、頻繁にキャンプに行かない我が家には、焚き火以外にもバーベキューが楽しめる焚火台が良いと思い、Campingmoon 焚火台 Lサイズ (MT-045) という結果に至りました。

今回はそんなバーベキューまで普通のクオリティーで楽しめそうな焚き火台、

“Campingmoon 焚火台 Lサイズ (MT-045)

のレビューを写真多めでしていきたいと思います。

というかほぼ写真ですが…(笑)

という事で、まずは箱から。これ、意外に重いので腰が悪い人は持つ時気を付けて!(笑)

よく見ると箱に重さ書いてあったわ〜(笑)

さぁ、どんどん開封していきます。

なんと運ぶのに便利なバッグ付きでした!これはキャンプに持っていくのに良いですね!※キャンプ経験値ゼロですが(笑)

持ち運びラクラク〜。

どんどん中身を出していきましょう。

焚火台の下に敷く板?土台ですね。

これ、焚火台を固定出来るので、ちょっとの風じゃ倒れる心配も無さそうです!更に、我が家は基本的にバルコニーで焚き火を楽しむ予定なので、火の粉が焚火台を置く台やテーブル、デッキに飛び散るのを少しでも軽減出来るのはかなりポイント高いです!

次に焚火台。思っていたよりも作りがシッカリしていて、分厚い印象です。安定感もあって長く使えそうな予感!組み立ても開くだけなので数秒で出来ます。

これをパタッと開いて、土台に取り付ければ完成。

こちらは炭の下に敷くロストル。これも凄いシッカリした造りですね。こんなちゃんとしたロストル付いてくるなんてお得ですね。嬉しい誤算です:^)

ズッシリと重くて良い感じ。
セットするとこんな感じ。

次はバーベキュー用の網をセットするフレームです。3段階の高さに変えれるので、料理によって火加減を変えれて便利!

このフレームに網を乗せます。

焼き網の造りもシッカリしていて、チープじゃありません。網目も細かいので、直に具材を乗せても落ちなさそうな所が良いですね。

組み合わせるとこんな感じ。

良い感じ!!

全部組み合わせるとこんな感じです。

こちらは3段目の高さです。

最後に全体の感じ、0~3段目の感じを動画にしたので、参考にして下さい!

以上、Campingmoon 焚火台 Lサイズ (MT-045)のレビューでした〜!

実際に使った感想は改めてUPします!

Weber ウェーバーのグリル ジャンボジョー Jumbo Joeを使って燻製をしてみたら意外にイケた!

以前からずっと気にはなってはいたけど、中々手を出せなかった燻製に、ようやくトライしてみました!

スモークチップのブレンドや配合、燻製方法など、何もわからないので、その辺は追々勉強していこうと思います。

僕は燻製器は持っていないので、Weberのジャンボジョーで燻製してみようと思います!

食材は定番のやつに挑戦しました。

  • 鶏のササミ
  • 鶏の手羽
  • 燻タマ
  • サーモン(紅鮭)

本当はミックスナッツやはんぺんもやりたかったのですが、 グリルのスペース上の問題で次回にしました(笑)

それでは、まずは食材の下準備をしていきます。やる事をは単純で燻製前に食材の水気をキッチンペーパーで拭き取り、味付けをするだけです。

今回は鶏のササミ、鶏の手羽にはシンプルにクレイジーソルトで下味を付けてみました。(探り探り)

燻タマは、ゆで卵を麺つゆの入ったジップロックに漬け込んでおきます。※一晩漬けるとシッカリと味が染み込むと思います。

それを燻製する前にザルにあけ、キッチンペーパーで水気を拭き取り、燻製していきます。

次はグリルの用意です。

使うのはWeberのジャンボジョーです。いつもはそのままロストルの上に炭を敷いていくのですが、今回は燻製なので直に日が食材に当たらないように、炭の受け皿を使ってグリルの一角に炭を集めます。炭の受け皿はキャプテンスタッグの七輪のを使いました。

この受け皿を拝借しました。

炭の受け皿の隣に水を入れたトレーを入れて置くと温度が安定して良いです。

スモークチップですが、炭の受け皿のちょうど上の位置に、ステンレス製のトレーに入れて配置します。

食材は炭を避けて置いていきますが、ポイントは火が通るのに時間が掛かる食材を炭の近くに、生で食べれるような物は遠くに置いていきます。

こんな感じ。鮭の位置微妙〜(笑)

スモークチップから煙が出始めたら、いよいよ蓋を閉めて燻製開始です。

この時、グリル下の空気穴は全開で、蓋の空気穴を全閉にしておきます。

このまま50分程燻製しましたが、色も良い感じで美味く燻製出来ました!

食材の色が食欲をそそります!

こんな感じで完成しました!どれも美味しかったですが、個人的に1番美味しかったのは、紅鮭でした!!

ご飯にもお酒にも合って最高でした!!

これから色々な食材を燻製するのが楽しみになりました〜(^^)





バーベキューに出すと喜ばれるお勧めメニュー5選!!いつものバーベキューに飽きたらコレ!!

突然ですが、ありふれたバーベキューに飽きたりしていませんか?

たまにはいつもと違ったバーベキューがしたいなぁ〜と思っていませんか?

家を建てて一年が過ぎ、色々な人を家に呼んではバーベキューをしてきました。

そんな時に、お客さんから言われて1番嬉しい言葉があります。

それは、『いつものバーベキューと全然違う!こんなバーベキュー初めてかも!

こんな事言われたら誰だって嬉しいですよね!?

この一年間、色んな人にそう言ってもらえたので、実際にどんなメニューが喜ばれたのか、皆さんにもシェア出来たらなと思います!

それでは始めましょう!!

オススメ その1 – バーベキュー串

具材の大きさをある程度揃えると、綺麗に仕上がります!

初めて我が家のバーベキューに来てくれた人達には、これが1番喜ばれる気がしますね。特に女性陣に。見た目が映えるからかな!?

面倒そうに見えますが、食材を切って刺してくだけなので、大した手間じゃありませんよ!焼く時にこっちの方が断然楽なんですよ! 網の隙間に野菜が落ちる事も無いですしね。

我が家で使っている大きなステンレス製の串ですが、なんと百均(Seria)で売っています。これ、メチャクチャ便利です!!!焼いた具材をスライドさせて一気に取り外す事も出来るんですよ!

Seriaで購入したステンレス製BBQ串

使用する野菜は、簡単に手に入る物で良いと思いますが、なるべくカラフルに!

バーベキュー串に使うオススメ具材は下記の通り。

  • パプリカ(赤、黃)
  • ピーマン
  • なす
  • ズッキーニ
  • トマト
  • エリンギ
  • ハム
  • ウインナー
  • 小さく切った牛肉
  • 紫玉葱

もしニンジンを入れるなら、先にチンをしてある程度火を通して置く事をオススメします!ニンジンを生のまま上記の具材と一緒に焼いてしまうと、ニンジンだけ硬いままになってしまうので、そこだけ注意です!

BBQ串にはいくつかポイントがあります。

  1. 串はなるべく大きな串を使う。(大きい程映えます)
  2. 紫玉葱は、小さい物なら1/4くらいに切って、1枚1枚剥がして刺す。(まとめて刺すより断然見栄えが良いです)
  3. ハケでオリーブオイルを具材に塗って焼く。(これメチャクチャ大事です!焼く時にグリルの上で塗るとお皿も汚れないし楽ですよ!※両面塗る)

最後に味付けですが、塩胡椒だと子供が食べれない等々あると思いますので、とりあえずクレイジーソルトを使っておけば問題無いと思います!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジェーン クレイジーソルト(113g)【ジェーン】
価格:510円(税込、送料別) (2019/10/17時点)


これだけ抑えておけば間違いなく美味しいバーベキュー串が作れると思います!

オススメ その2- トマト&豚バラ串

こちらも我が家の定番メニューで、出すと必ず喜ばれます!!

豚バラとプチトマトの相性が抜群です!!

このステンレス串も、百均(Seria)で買えます。
Seriaで買えるBBQ串(小)

作り方も材料も至ってシンプル。使うのは、

  • 豚バラ(薄切り)
  • プチトマト

のみ!! プチトマトに豚バラを巻き付けて焼くだけ!!はい、終了〜。

味付けはバーベキュー串同様、クレイジーソルトが間違いないです。

オススメ その3- 業務用スーパーの冷凍ソーセージ。

こちらは以前の記事でも書いていますが、コスパ最強のソーセージです!ただ焼くのみなので放置でOKです!

付け合せに、粒マスタードと業務用スーパーで買えるザワークラウト(格安)を添えると、更に良いです!味変できて飽きませんよ!

業務用スーパーで買えるザワークラウト、なんと600gで¥198円!!(購入当時)

オススメ その4- ハンバーガー

え!?バーベキューなのにハンバーガー!?

と思うかも知れませんが、アメリカだとBBQの時にハンバーガーやホットドッグを出すのは一般的なんですよね!

僕は仕事柄、アメリカ人の友達が多く、アメリカ式のバーベキューやパーティーにお招き頂く機会が多くあります。

そこで出てくる直火で焼いた本場のハンバーガーが本当に美味しかったので、自分でもやってみたくなり、お招きバーベキューの時に出してみました。すると予想以上に皆さん喜んでくれました!子供だけじゃなく、大人も凄く喜んでくれて、今ではリピーターもたくさん居ます(笑)

我が家のお招きバーベキューでは、子供も沢山来るので、いつも子供用にハンバーガーを作ります。パティとバンズだけ焼いてあげれば、あとは子供達が自分でトッピングなど、お遊び感覚で仕上げてくれます。

ハンバーガーのパティとバンズ、パティにかけるシーズニングは全てコストコで購入できます。(値段変動あり)

パティ – 10枚入りで1,358円(税込)
バンズ – 6個入で248円
モントリオール ステーキシーズニング(822g) 928円

作り方は至って簡単。

  1. パティにシーズニングをかけて焼く。
  2. バンズはトースターで焼くと楽チン。
  3. チーズバーガーにする場合は、パティが焼けたら上にチーズを乗せる。(チーズが良い感じに溶けたらOK!)
  4. あとは好きな具材を挟んで完成!!
これはとってもシンプルなバージョンです。

ハンバーガーをメインにする場合は、少し凝ったトッピングでも良いかもしれませんね!定番の野菜&オススメトッピングは下記の通り。

  • レタス
  • トマト
  • 紫玉葱
  • アボカドスライス
  • チェダーチーズ(スライスチーズ)
  • ピクルス(薄く切ってあげると挟みやすい)
  • カリカリに焼いたベーコン
  • マッシュルーム(水煮でも缶詰でも良いので、バターでサッと炒める)

子供が大勢来る際には、是非ハンバーガーをお試し下さい!子供達の食い付きにきっとビックリしますよ!(笑)

オススメ その5- ステーキ

温度管理をして、程よくミディアムレアに焼き上げれば、いつものステーキと全然違う!!と思って頂けるはずです!!

日本の焼き肉といえば、牛タン、カルビなど薄切り肉がまだまだ主流だと思います。

薄切り肉のバーベキューも勿論好きです!味付けカルビなんてたまりませんよね!

でも今回は薄切り肉ではなく、ステーキをオススメしていきます。

ただステーキと言っても色々ありますよね。牛肉、豚肉、鶏肉と部位も様々です。

見た目のインパクト抜群な骨付き肉(スペアリブや骨付きカルビ肉)などはインスタ映えする事間違いなし!!

味付けもシーズニングで味付けしただけのシンプルなステーキ、つけダレに一晩漬け込んだ味付け肉など、無限にあります。

今回は大人数をお招きした想定で進めたいので、骨付き肉は省きます。(コスパ悪いので)

もてなす側が無理のない範囲内で、お客さんに最大限喜んでもらう事を考えると、やっぱり牛サーロイン、牛肩ロース、鶏モモ1枚肉あたりが良いと思います。(コスパ的に)

普段あまりバーベキューをしない人や、普段からあまりステーキを食べない人には、大きな塊のステーキを出すだけで喜ばれますよ!!

それに飽きたら特製ダレに一晩漬けたステーキを出してみてはどうでしょう。

いつもと違ったステーキに喜ばれる事間違い無し!焦げたタレがまた食欲をそそります!

手前はハワイアンソースに一晩漬けた豚肩ロース。奥は同じく一晩漬け込んだ牛肩ロース。

鶏モモ肉ならコスパも良いし、柔らかいので子供達にも大人気です!

タレに漬け込んだ鶏モモ1枚肉。焦げたタレの香りがたまらない!!

つけダレと言っても色々ありますが、今回はハワイアンバーベキューソースを紹介します。※なるべく簡単に作れるようにアレンジしています。

【牛肩ロース1枚、豚肩ロース1枚、鶏もも肉2枚を漬け込むソースの量です】

  • 果汁100% パインジュース – 400ml (セブンイレブンに売っています)
  • コーラ – 200ml
  • 醤油 – 大さじ 8
  • 桃屋のニンニク – 小さじ 3
  • しょうが – 親指大 2個(すりおろし)
  • ケチャップ – 大さじ4
  • はちみつ – 小さじ 2

ポイントは、お肉の下ごしらえで筋切りをしておく事と、ソースと絡める際に良く揉む事です。

以上、我が家のお招きバーベキューのオススメメニューでした!

やった事の無いメニューがあったら、是非試してみて下さいね!

きっと喜んでもらえますよ〜(^.^)/~~~





バーベキュー 食材の網落ち防止にはグリルパンが便利。

先日、アメリカ人の友達から頂いたグリルパン。


これ、何気に凄く便利です!!

バーベキューしていて、細々した物を焼いている時に、網の間に落ちてしまったり、網からコロコロ転がってグリルから落ちちゃったりする事ありませんか?

特に、Weber ウェーバーなど海外製のグリルだと網目が荒い物が多く、食材が網の間に落ちて炭と化す事が多々ありますよね(笑)

網目が細かい七輪でも、コーンなどコロコロ転がる系の食材は、グリルから落ちる事もありますし、ひっくり返すのに結構ヒヤヒヤします(笑)

そんな時にはこのグリルパン!!(見た事が無かったので呼び方がわからない)

串に刺す必要が無いので時短にもなるし、落下の心配も無し!

これをこのまま網の上に乗せるだけでOK!

焦げ防止&野菜を美味しくする為に、野菜にオリーブオイルをハケで塗り、お好きなシーズニングで味付けをすれば完成です。

程よく火が通って美味しく焼けました!

これでガーリックシュリンプとか絶対美味しいわ〜:-P

このグリルパン、日本でも似たようなのが売っていないか調べた所、同じようなのがありました!

下に商品ページを貼っておくので、気になる方はチェックしてみて下さい!